Full cure

28369095

こんばんは!
小倉拓也です。

今日はFull cureについてお話していきます。
人を深層から癒してあげるスキルを
あなたにお伝えします。
 
このFull cureを使って、どうかあなたの大切な人を
守って支えてあげてください。

28369095

また、
このFull cureについては、
前回の【ヘラクレス・マインド】が必ず必要になりますので、

まだ聞いていない方は、
必ず前回のブログを聞いてから、
今回のFull cureを聞いてくださいね♪

ヘラクレス・マインド
http://taku888.me/?p=856

 
 
ヘラクレス・マインドでは、

あなた自身のことをあなた自身がしっかりと深層から認め、
どんな誹謗中傷があなたを襲っても、
絶対に心が折れてしまわないようになれるよう、
お話ししました。
 
 
 
まだまだ先のマインドセットがあるのですが、
それはもう少し、先に進んでから
もっと深い部分をお話しします。
 
 
なので、ひとまず今回はヘラクレス・マインドを頭に置きながら
今回のFull cureをインストールしてください。
 
 
 
Full cureとは、『他人の心を全回復させる方法』です。
 
 
とはいえ、どんな人でもFull cureできるわけではありません。
 
しかし、今までとは比較にならないくらいの広い範囲を
Full cureできるようになります。
 
 
なので、
もしもあなたの周りに癒しが必要な方がいたら、
今回のFull cureを習得してください。
 
 
 

では行きます!!!
 
 
 
他人が自分自身で何か内面的な傷を抱えてしまっている時、
あなたのFull cureが発揮します。
 
 
もちろん外傷的な傷を癒すことはできません。
 
 
内面的な目に見えない傷です。 
 
 
当然ですが、この傷は目には見えませんよね。
 

だから、パッと見ただけでは
どこに傷があるのか、何が傷なのか
どうしたら傷がわかるのか
むしろ「傷」って認識しているのか。

わかるわけがないんです。
 
 
 
では、どうしたらその傷を知ることができるのかといえば、
 
『まず、あなたの傷を相手に見せる』
ということです。
 
 
これは人と人との接点を強固にする信頼関係を構築するマインドセットなんですが、
このFull cureから派生しやすいです。

 
人は、「相手が自分のことをしっかりと見せてくれる」人に対して
信頼を寄せます。
 
なので、「辛そうだから何が辛いか言いなよ」なんて言ったって、
「大丈夫、何も辛く無いよ」って言われてしまって終わりです。
 
 
相手は、、
「何か裏があるんじゃ無いか?」
「下心があるんじゃないか?」
「そもそもこの人怪しいんだけど」
 
という具合に、

信頼関係を築けていない相手に対していきなり『自己開示』を求めても、
あなたが信頼されることはありません。
 
 
なので、まずはあなた自身が
『自分自身の超辛かった過去や失敗談、体験』を
相手に対して伝えてあげます。
 
 
この時、相手よりも確実に辛い体験を
伝えてあげなければなりません。
 
 
なぜかといえば、
相手に対して「自分よりもこの人の方が苦労している」と
思ってもらうだけで、
あなたに対しての自己開示範囲が広がります。
 
 
 
相手が求める自分の情報は何か?
相手が悶絶するくらいに辛いけど、言いにくいことはなにか?
自分が相手に対して何を提供してあげるか?
 
 
という内容を、
相手から引き出す前に、ある程度試行錯誤して準備しておきます。
 
 
相手に自分の内面を発散させるためには、
まずは『話させること』が何よりも大切です。
 
 
 
そして、とにかくアウトプットして出せてあげることで、
あなたに対して感謝と喜びがわき起こってきます。
 
 

また、 
憂のアウトプットの最中は、
絶対に遮ってしまってはいけません。
 
 
 
まずは『聞き出すこと』
 
 
これに尽きます。 

 
  
そうすると、相手が何をもとめているかがわかれば
そこにめがけてFull cureをかけてあげれば

相手との深いコミュニケーションをとることができるようになります。 
 
 
 
 
それでは、本日のお話は以上となります。
 
今日も最後まで聞いていただいて
本当にありがとうございました。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る