死の概念

少しの間、僕が学んだことを整理のために、
主に人間学的なものを色々とアプトプットさせていただきます。
 
思いのままに書かせていただきますから
もしも良く思わない方がいたら
ご愛嬌でww
 
もしかしたら数日に一回かもしれないし、
毎日のように投稿するかもしれません。
 

 

ではいきますね♪
 
********
 
 
あなたは今、自分が生きていく上での『迷い』はありますか?
それはいったいどんな『迷い』ですか?
また、
その『迷い』に対して何かアプローチをとっていますか?
もしアプローチをとっていないのであれば
それはなぜですか?
 

 

毎日毎日「なんかいいことないかなぁー」って
上を向いて空を仰いで棚からぼたもちが落ちてくるのを待っているように
ただ口を開いて待っていたりしませんか?
 
 
しかも、
「たられば」で自分ができないのを
環境のせいにして、
自分に何も責任を置き換えない。
 
 
で、
 
気に入らなければ爬虫類脳全開で、寄ってたかって誹謗中署しまくって、
気に入らない奴を気の合う仲間と墜としきる。
 
本当にイラっとくるし情けないし、
情の掛けようもないような
カワイソウな方々ww
 
 
 
そんな人にはなりたくないですねぇwww 
 
 
 

 

 
とまぁ、
少し生意気なことをつらつらと聞いてきましたが、
 
ここまでで少しでも『イラッ』ってしたら、
あなたは少なからず夢見がちなところがあって、
 
自分の現実を人や環境のせいにしてしまっています。
 
 
来る日も来る日も一緒にいるパートナーのせい、家族のせい、職場の仲間のせい、環境のせい、政治のせい、性格のせい、親のせい、子供せい
 
ひいては『これが私の運命よ♪』って諦める。
 
 
こんな風に思っています。
 
 

 

しかし、逆に全くイラッとせずに
「あぁ、また小倉が上から目線で変なこと言ってるよ(笑)」って
笑ってられる人は、
確実に今を精一杯生きていて、
自分の人生に責任をもって、
 
今ある環境で何か改善できないか?
今自分が取り組める改善点はなにか?
一緒にいる仲間と幸せに天国的に過ごすには
どうしたらいいのか?
欲しい環境をどうしたら手に入るか?
会いたい人にどうしたら会えるのか?
そこまで行くにはどうしたらいけるのか?
身につけるべきスキルはなにか?
 
こんなことを確実に、日々常にオールウェイズ思っています。
 
 
 
だから、他人が何を話していて、
どんなことを思っていて、
今、どれくらい向上していて
どれくらい堕ちているのか
 
まったく気になりません。
 
  
 
それはなぜでしょうか?
 
 
 
人それぞれ過ごしていく中でのステージがあって、
そのステージごとに立ち位置が違います。
 
 
まだ赤ちゃんのように甘えているだけの人もいれば、
50歳くらいになっても、まだ中2病のような精神の人もいるし、

 

かと思えば20歳そこそこで神がかったような精神レベルを持っていたり
ふつーの一般会社員として、毎日頑張っている人もいる。
 
 
 
それぞれのステージで花を咲かせたかと思いきや
ぎゃくに花を咲かせられなくて
いつまでも階段を登れなくてもがいている。
 
いや、もがいていればいいのだけど、
もがいてもいないですぐにUターンしてしまって、
同じステージの仲間たちと
毎日毎日愚痴の言い合い聴き合い。
 
 
 
本当にそうはなりたくないんですが、
 
実はこれは、僕自身。
 
 
本当に自分が嫌になるし嫌いだし
情けないしぶっ飛ばしたいし、
 
死にたいことだって何回もあった。
 
 
 
で、
 
そんな向き合いたくない僕自身と決別するために、
精神的自殺が必要になります。
 
 
 
僕の生き方はすべて間違っていた。
人の愛し方も接し方も伝え方も向上の仕方も
 
すべて人間として間違っていた。
 
 
 
なので、死ぬことにしました。
 
 
 
とはいえ、肉体的に死んでしまったら
元も子もないので、
あくまでも精神的に死ぬことにしたのです。
 
 
けど、これが意外と難しいんですけどね。
 
 
 
精神的に死ぬことにしても
まだ会社員の僕は、
会社をそんなに簡単に休むわけにはいかないし、
自分の精神的自殺に人を巻き込むわけにはいかない。
 
 
だから、少しずつ死ぬことにしたんです。
 
 
 
恥を殺し
信念を殺し
個性を殺し
生き方を殺し
 
死にきるにはまだ時間がかかるけども、
かかるなりに精一杯死ななければならない。
 
  
初日はたまたま日曜日だったのですが、
完全な自己否定によって精神が死ぬということは
肉体的にも相当なダメージが訪れました。
 
 
あたまが痛い
目の奥が張り詰めるように辛い
肩が上がらない
足がしびれる
背中が痛い
指が動かない
 
平衡感覚がなくなるくらいに
肉体がダメージを受けました。
 
 
 
「やべ、これ本当にやばい」

 

本当にそう思ってしまうくらいに
肉体が死にかけました。
 
 
そしたら、
そのあとインプットできる量が大幅に上がりました。
 
 
そもそも「生き方が死んだ」ので、
朝とか食事とか過ごし方とか姿勢とか
 
肉体的なものがすべて劇的に向上しました。
 
 
今、僕は29歳で、もう少しで30歳ですが、
感覚的に肉体は18歳くらいの感覚です。
(懸垂は10回はできるし、
 腕立て伏せは40回超えたりして)
 
 
腹が減ったから炭水化物を食べて
腹を満たすのではなく、
基本的に炭水化物を摂る。
 
そうすることで余分な糖質を摂らなくなるので
筋肉とエネルギーに変換される。
 
 
 
すると、身体レベルが向上して
女性がうっとりするくらいに
二の腕が太くなりました。
 
今まで苦手だった言葉でも同じ。

 

話し方を改善するために努力をすることを始め、
プライベートではまだはっきりしないこともありますが、
マーケティング系の話をするときには
ナレーターになれるくらいに
改善をしてきました。
 
 
 
まだ浅い『死』ですが、
たったの1週間でここまでの改善が起こりました。
 

 

しかし、まだ僕の目標には程遠い。
 
僕の今年の目標は、月収で100万円達成でした。
 
 
それにはまったく届いていない状態でした。
 
ですが、
この『死』の概念をインストールすることで
それが一気に近くなりました。
 
 
 
なにより、

 

『死』を得ることで、日々の出来事への感謝が
深く、深く、どこまでも深くなりました。
 
 
 
この感謝こそ、本当に深くて価値のあるものだと思います。 
 
 
 
 
長くなってしまいましたが、
 
今僕が立とうとしているのは
『善も悪もない世界』です。
 
 
それには良心だけでは立つことはできません。
 
まったく逆の概念が必要なのです。
 
 
 
なので、これからは少し嫌みったらしい投稿とかも
するかもしれません。
 
 
 
ですが、
 
ぜひまた見にいらしてくださいね。
 
 
 
ファンタジックな世界へ誘いますので。
 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る