自己紹介ページが欲しい方はいらっしゃいますか?

自己紹介ページが欲しい方はいらっしゃいますか?
 
この数年で個人メディアが
どんどん広がってきていますよね。
 
自分流の情報を加工して組み替えて
発信する人が増えました。
 
でも、
発信したい情報は人それぞれで、
現状として、完全に2極化しています。
どんな2極化かというと、 
1.読んで欲しい、対象がすでに決まっている方や
2.まだ決まっていないけど、何となく発信している人。
有名な方や「今、伸びてます!」的な方は、
決まって自身の紹介ページを持っています。
 
でも、
”無ければ有名になれないのか?”と言われれば
そんなわけでもなく、
【発信したい情報の質】によって
その内容は大きく変わり、
そして、必要なものも当然変わります。
 
フェイスブックやブログで
自分の色をはっきり表現できる方は
もちろんそれだけでも大丈夫です♪
 
ですが、
それだけでは足りない!
自分をもっと押し出して、
自分のやっていることを知ってもらい方がいる。
達成しなければならない目標がある!
伝えたいメッセージが明確にある!
いや、伝えなければならない!!
 
 
という、
暑苦しいくらいに煮え切って蒸発するんじゃないかというくらいに
使命感に燃えている方。
 
そして、何よりも「愛」がほとばしるような、
人を慈しめるすばらしい方。
 
 
ぜひ、ご協力させてください。
 
今僕にできる最上・最敬礼の誠意で
お話を伺います。
 
ですが、、、
 
・メッセージが明確でない
・私利私欲に満ちている
・メッセージに何か隠し事がある
・不当な利益を得ようとしている
・「金払ってやるから作れよ」的な傲慢な方。
 
このような方には
僕の敬意は捧げません。
 
僕自身が判断して
ハッキリお断りします。
 
 
 
僕が紹介するページを作るという事は、
僕自身も背中を後押しする形になります。
 
背中を押せない方のページは
もちろん作れませんし、
 
なによりも、他人様に迷惑の掛かるような
情報発信をしそうな方と
縁を育むわけにはいきません。
 
もしも、そのあたりを
ご理解いただける方で、
オリジナルの情報を発信したい方は、
ぜひご協力させてください。
 
そして、僕と一緒に
向上してください。
 
 
パートナーになってください。
 
 
 
それでは!お待ちしています^m^
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る