急な寒さでしたが、大丈夫でしたか?

急な寒さでしたが、大丈夫でしたか?
 
昨日は群馬は朝から雪のような
みぞれのようなものが
朝から降っていて、
 
疑いたくなるくらいの寒さを
感じていました。
 
まさしく異常気象なのですが、
さすがに天気までは
人間は操れませんので、
こればっかりは仕方がないw
 
 
ところで、そんな寒さの中、
冬服のコートをはじめとした
防寒対策はバッチリでしたか??
 
 
おそらく、
4月に入ってからクリーニングに
出してしまっていたり、
もう着ないと思って
押入れに入れてしまっている方が
多分多いと思います。
 
 
 
そんななかで、
「体を効率良く温める方法」について
詳しく知っている方はいますか?
 
 
外面的なホカロンとかの
「道具」で暖めるのではなく、
あくまでも内面的な話です。
 
 
 
肩がこるから肩を回す。
足が痛いからマッサージする。
頭が痛いから薬を飲んじゃう。
 
 
じゃあ、寒い時には
体を動かすしかないですよね♪
 
 
ですが、
そうかといってがむしゃらに体を
動かせばいいわけではありません。
 
 
「暖めるべき場所」が
実はしっかりあるんです。 
 
 
これは統合医療を含んだお話なんですけど、
 
全身的に体温を上げたい時には
 
「腰」の周囲を重点的に
使います。
 
 
といっても、直接腰をつかうことは
勿論できません。
 
 
その「上下」を上手に使います。
 
 
 
お腹は基本、難しいです。
直接「稼働」しませんからね。
 
 
というわけで、
「ふともも」を使います。
 
 
運動するとき見たく「もも上げ」を
20秒くらいできれば
一番いいんですよね。
 
 
 
ももは体の中心である腰を
支える部位になります。
 
 
と、いうことは、
「ももを効率良く使えば体が温まる」
ということです。
かといって、
スカートはいたお姉さんが
いきなりもも上げを始めてしまったら、
見ている方はいいですが、
えらいことですww
 
 
なので、
できればトイレとか人がいていないところで、
あえて痛みが出るように
足腰の筋を伸ばしてみてください♪
 
 
大体の人はこれで体温が上がります。
 
 
 
参考までにww
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る