信じて欲しい人に信じてもらうには?

信じて欲しい人に信じてもらうには?
 
たいていの場合、
 
信じて欲しい相手に限って
 
信じてくれないことが多いですよね。
 
 
 
どうして信じてくれないの?って
 
なんでうまく伝わらないの?って
 
 
思っているだけで
 
憤ったりして
 
何かを伝えてもいないのに
 
伝わらないって思っている人が
 
実はほとんどではないですか?
 
 
何かを伝えるって
 
実はすんごくエネルギーが
 
必要なことが多いんです。
 
 
そして、
 
意外とその「明確な方法」を
 
知らない人が多いということ。
 
 
 
 
ハンバーガー食べたいのに
 
フライドチキンを頼んじゃうような
 
「想ってる」だけでは
 
なんにも伝わらない。
 
 
 
「なんで言わなきゃわからないの?」
 
 
こんなことばっかり考えてる。
 
 
 
では、
 
「自分が伝えたい」だけでなく
 
「相手が何か伝えたいことはないか?」
 
って
 
考えて見ませんか??
 
 
 
あなたと同じように
 
相手も何か「考え」があります。
 
「伝えたいこと」があります。
 
「気づいて欲しいこと」があります。
 
 
 
その「相手が気づいて欲しい事」を
 
あなたから引き出してあげましょう。
 
 
あなたと同じように
 
相手の人も「訴え」があります。 
 
そして、
 
あなたにはそれがわかるはずです。
 
 
一緒にいる時間や共に生きる時間が
 
長ければ長いほど、
 
「伝えたい事と聞くべきこと」は
 
増えていきます。
 
 
一緒にいるからわかって欲しいことというのは
 
一緒にいる人でなければ
 
当然ですがわかりません。
 
 
 
相手の想いをまずは考えましょう。
 
気にかけてみましょう。
 
そして、聞いてみましょう。
 
 
 
相手の信念をわかるのは
 
あなただけのはず。
 
 
信念がわかる人じゃないと
 
信念を伝えることは
 
できません。
 
 
 
ちゃんとあなたから聞いてあげて
 
相手があなたに
 
「なにかしてあげなきゃな」って
 
思ってくれる時が来た時は、
 
 
あなたが困っているときや
 
なにか聞いて欲しいときに
 
必ず力になってくれますよww
 
 
 
 
信頼関係って
 
そうして紡がれていくと思います♪
 
 
    

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る