何か投稿するときに悩む方はいますか?

何か投稿するときに悩む方はいますか?
 
実はコツがあるんです。
 
 
知ってる人は知っている、意外と誰でもできる方法なんですが、
 
それでも今日は少しだけお伝えします☆★
 
 
こういう情報でお金を得ている方、
 
ゴメンなさいwww
 
 
 
 
まず、
 
「自分がこれは得意」と思えるものを
持っていますか?
 
 
 
っといっても、
 
「そんなもんあったら苦労しねえよ!」って
言われそうな気がします(笑)
 
 
 
 
そう、得意なものがないからこそ、
 
また、得意なものがわからないからこそ
 
人は苦労するんです。
 
 
 
 
それには深く自分と向き合うことが必要ですので、
 
今はそれは省きます。
 
 
  
 
 
得意なものはわからないですよね。
 
でも、
 
「好きなものが無い」人は恐らくほとんどいません。
 
 
なんだっていいんです。
 
芸能人や異性、
 
スポーツや本、
 
周りの友達や家族、
 
ペットや携帯の知識まで。
 
 
 
好きなものがあると
 
大概は「考えることに」困らないですよね。
 
 
 
毎日テレビやニュースや新聞や雑誌。
 
マンガやYouTubeの動画や
 
好きな人の発信している情報まで。
 
  
 
 
日々何気なく「見ているもの」「聞いているもの」が
 
あなたの発信する情報になります。
 
 
 
 
「俺のこの程度の情報なんて、誰も見ていない」 
と、思うかもしれません。
 
 
 
しかし、
 
「その程度」の情報とは
 
人によって解釈がとても大きく変わります。
 
 
 
 
例えば、
 
僕が運送会社に勤めていますが、
 
全く違う工場の経理の仕事をしている人は
 
僕の知識は全く知りません。
 
 
僕にとっては「この程度の情報」と
 
思えることが
 
その経理の人には
 
「そんなこと知らなかった!」になりえます。
 
 
 
逆に僕は経理は苦手です(笑)
 
 
 
これはもう、人生の生き方やタイプ、
 
血縁や考え方で「合わない」ということが
 
はっきりと出てしまった事実ですので、
 
今更経理を深めようとは思いません。
 
 
 
 
ですが、
 
お金の勘定は苦手でも
 
お金を扱った交渉や駆け引きは
 
割りかし得意ですww
 
 
 
 
だからこそ、
 
僕にとって経理のスキルを持っている方は
 
絶対に頭が上がらないという事に。。。
 
 
 
 
、、、ということが起こるのが
持っている「情報の格差」というものです。
 
 
  
 
苦手が苦手のままで済むのは
 
ある程度までの段階ですが、
 
その「ある程度」を過ぎると
 
喉から手が出るほど
 
あなたの《情報》に価値が出ます。
 
 
  
 
 
あなたの情報の価値はあなたが決めるのではなく、
 
あなたの情報の価値を「欲しい人」が決めます。 
 
  
 
その情報の威力と価値は
 
手にした人や発信できた人でなければ
 
体感も価値もわかりません。
 
 
 
  
 
 
だからこそ、
 
思った事やふとした事を大切にして、
 
「自分には無理」と卑下するのではなく、
 
「俺のこの情報、一体どれだけの価値があるんだ!?」って
 
自信と期待と夢を合わせて
 
限界まで高め切って欲しいですねΣd(゚∀゚d)
 
 
  
 
 
 
そして、
 
こういう発信で「気付き」を得てくれる人が一人でもいたら、
 
僕がコピーライティングを習得している意味も
 
高まるのかもしれないです。
 
 
  
 
   
どうか、
 
自分を大切にしてくださいね♪
   
   
   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る