どもです。小倉です。

どもです。小倉です。
 
ここ最近冷えますねー。
 
まぁ真冬だから寒くて当然といえば当然かもしれないっすが、
暑さに弱くて寒さにも弱い僕としては
なかなか困る時期でもありますww
 
 
おそらく普通の人よりも余分にいつも着込んでいるから、
「若年寄」のアダ名がなかなか外れない今日この頃。
 
 
それでも少し、進歩していることがありました。 
 
それは、、、
 
「今年はほとんどホカロンを使っていない」
 
っということっす!!
 
 
去年は群馬県の高崎市というところに勤めていたのですが、
何方向かの山々から吹き降ろされる突風と、
周りが畑だったのでもろに風があたり、
とにかく寒い!!の一言。
 
それでもそこにずっと住んでいる方々は
別にそんなに寒さは感じないようで、
 
どうやら僕は
体温が高いように見えてあまり高くない、
健康そうであまり健康でもない、
 
というようなよくわからない体質らしく、
 
何気にホカロンが外せなかったのですね(;´д`)ゞ
 
 
 
だから、
とにかくどこにいても少しプルプルしているような
そんな感じがありましたが、
 
今年は勤めているところが違うせいか、
あんまりプルプルしていない僕がいるわけです♪
 
 
 
 
何気に少し進歩っす(^∀^)
 
  
 
普段からあまり睡眠はとっていないから、
自己代謝・治癒力ともに
高く保つのは大変だったのですが、
 
何気に少しずつ健康を考えているのは
積み重なって大きな進歩になっているようです☆★
 
 
 
 
それでもまぁ、
よく聞く話なんですけど、
 
この時期はとにかく
「手足がよく冷える」っということ。
 
 
 
 
実は馬鹿にできないこの現象。
 
 
 
 
手足は末梢神経が通っている(全身ですが)ので、
 
基本全身の神経が繋がっているのはいつもお話ししているのですが、
 
これが実はバカにできない。
 
 
 
神経が凍りつくということは
そこから繋がっている神経にも
凍てつく感覚が続く。
 
ゆくゆくは腕、肩、頭、、、
というつながりがあり、
 
原因不明の体調不良や
インフルエンザなどの菌への免疫の低下等々につながります。
 
 
 
ただ単に菌が過ごしやすい時期というわけではありません。
 
 
 
菌がすごしやすいように
体質が変化してしまっているという事を意識しなければなりません。
 
 
  
 
だから、
もしも手足が凍りつく感覚にあるときは、
 
とりあえず手をお湯で温める。
 
足が冷えてるなら
男の人でも恥ずかしがらずに
レッグウォーマーなどを活用。
 
 
そして、
必ずしっかり浴槽で温まる。
 
 
  
これに尽きます。
 
 
 
 
 
「病は気から」ともいうけれど、
 
まさにその通りで、 
 
「気が負けていたら病が来る」
 
とも言い換えられるかも知れないっすね。
 
  
 
  
 
っというわけで、
今日はマックでコーヒーをすすりながらの
投稿でしたΣd(゚∀゚d)
   
   
   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る