カップラーメンの裏話

こんにちは、

小倉たくやです。
 
 
 
 
最近母親がぎっくり腰?

のようなものを発症してしまって
 
すこしブログがお休みとなってしまっていました。

 
 
 
 
 
すこし落ち着いてきましたので
 
書かせていただきたいと思います。
 
また最後まで読んでくださいね。
 
 
 
 

 
さて 
 
お肉や油の強いラーメンなどを食べたあと、
 
よく食器に油が残りませんか?
 
 
 
実は人が食べた後の内臓も
 
同じことが起こっているんです。
 
 
 
食器が冷めると油が冷えて固まって
 
白っぽいゼラチン質なものが付着しますよね?
 
 
 
それと同じことが内臓で起こっています。
 
 
 
口から食堂を通り、 

胃の中で吸収されて

小腸に辿りついてから

大腸を経由して排泄される。
 
 
 
これの流れはどんな人でも一緒だと思いますが、
 
あちらこちらで油が引っかかるトラップがあります。
 
 
 

また 

誰でも経験はあると思いますが、
 
めちゃめちゃ辛いものを食べたあと

お尻が痛くなるくらいに真っ赤なものが

出てきた経験はありませんか?
 
 
 
 
そう、
 
消化しきらなかった食べ物や

食材に使われていた薬は
 
体の中を透過します。
 
 
  
そして排泄されます。
 

  
 

しかも
 
ちゃんと排泄されれば

まだいいのですが、

排泄されずに吸収されてしまった
 
体に必要ないものは

必ず「薬毒」となって

体に負荷を与えます。
 
 
 
 
「不純物」扱いで
 
排泄されればまだ良し。

 
 
体に蓄積されてしまった薬毒は
 
確実に体を蝕みます。
 
 
 
 
なので、

排泄されなかった余分な油分は 

排泄されずに贅肉となり、
 
太る人は際限なく太るわけです。
 
 
 
 
僕も気分でカップラーメンなどを

食べたい時がちょくちょくありますが、
 
あれは「麺」よりも

「スープ」が体に良くないものが

 
とーーーっても多く含まれているので、
 
 
スープを多く飲んでしまった後などは
 
半日くらい頭痛が激しい日があります。
 
  
 

 
 
カップラーメンには
 
人が食べやすいように
 
味を整えるため、
 
たくさんの薬が含まれています。
 
 

 
 
そのため頭痛がしてしまうんですが、
 
それくらい薬毒は体に良くないものです。
 
 
 

 

 
と、言いつつ、
 
ついつい飲んでしまうのがラーメンのスープww
 
 
 
 
 
 
誘惑には勝ちにくいですが、
 
自分の体のためには
 
すこし「控える」ことも必要です。
 

 
 
 
そんなことを考えながら食べなきゃいけない
 
そんなカップラーメンを作ったかたは

本当にすごい人だと思います。

 
 
 
 
また、
 
ラーメンの時や油をとるときに

ある程度決まったシチュエーションは
 
 
「熱い」 
 

 
ということ。
 
 

 
しっかり冷水を飲んでしまうということ。
 
 
 
 

  
できるだけ避けましょう。
 
 
 
体に入った油を
 
その場でゼラチン質の煮こごりみたいなのを
 
体の中で作っているようなものです。
 
 
 
 
もし飲みたければ
 
すこしぬるいくらいのお湯を飲むようにすると

 
 
口の中の刺激も和らげられるし
 
体の中も固まらずに済みます。
 
 
 

 
結局自分の体は
 
自分で守らなければなりません。
 
 

 
 
食べるものを選ぶということは
 
他でもない自分自身の意識の問題です。

 
 

  
僕も人のことはあまり言えませんが、
 
 
 
 
できる限り気をつけてはいます。
 

  

 
 
でも、

肉を食わないと血が生成されません。

 
 
 
どっちみち体に不必要なものは
 
あまりないんですよね。  

 
  
 
だからこそ食べ方を気をつけなければなりません。
 
 
 
 
みなさんもご自分の体を
 
 
ご自愛くださいね

 
なんだかラーメンの話ばかりになって
 
しまいましたm(_ _)m
 
 
 
食べやすいものは
 
文章にもしやすいようですねww
 
 
 
 
 

 
 
 
またメールします。
 
 
 
今日も最後まで読んでいただき、

ありがとうございましたm(_ _)m
 

 

 
 
*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★

発行責任者: 小倉 拓也
      (コピーライター)
連絡先  : facebookはコチラ♪

メルマガも発行しています!
もしよろしければご愛読ください!!
登録フォーム: メルマガはコチラ☆★

ささいな事でもお気軽にご連絡くださいね♪
Facebookでのお友達申請も
随時受け付けています(^∀^)

*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る